無職がFX

先週のFXと来週の相場展望

投稿日:

先週のFXですが、個人的にはかみ合わない相場で、珍しく殆ど取引をしませんでした。

為替もしっかりと見ていた訳では無いので、抜けている点もあるかもしれませんが、先週の目立った値動きと、来週の相場展望ついて併せて書いていきます。

※来週はどうするんだという事に関しては、結果から言うと、来週も様子見です。やはり夏休み相場はニュースも出にくいし、方向感も無いので、読みにくいので休む予定です。来週も今週のように、比較的穏やかな値動きになるのかと個人的には考えています。

先週の値動きで目立ったものと相場展望

【豪ドル円】

政治不安で、閣僚クラスの人間が数人辞任、それにより再選挙をする事になったので、木曜日に大きく売られる。

しかし金曜日の昼、モリソン首相と決まり、モリソン首相はトランプ氏のような右派では無かった為、相場が大きく戻して終わった。

豪ドル円に関しては前首相などの公表資料を見ていると、強気な姿勢が見えたので、買いと個人的には判断していたが、これにより首相が変わったので、今後はこの首相の力量を見てからということになりそうです。すいません。

それと豪ドル円は、中国との輸出入の関係が非常に強いので、貿易関税関連で、どうしても売られやすい通貨となってしまっています。

既に織り込み済みではありますが、進展次第では再度売られる可能性もあります。経済指標やトランプの動き、貿易関税の打ち合わせ日程などは考慮しておいた方が良いです。

自分はとりあえず様子見と考えています。新しく誕生した首相が何を言いだすのかは分からないので、この週に新たにポジションを持つ予定はありません。

【ポンド】

相変わらずブレグジット問題で上下しています。

今週戻った理由は、EUとのブレグジットの協議が整いそうだというニュースが流れた事と、イギリス側で、ブレグジットのマニュアルを国民に配布したというのが一因です。

今後は強行的にブレグジットをするのか?EUに対するブレグジットの罰金(500億ドル?だったか、すぐに支払えとはいわれていないようですが、この関係で、ポンドからユーロに金が払われるので、ユロポンが買われているようです)関係など、まだ相場を動かす要因はあるので、こちらも様子見と考えています。

日足のチャートは以下となっています。

【ユーロドル】

ユーロについては、大きく上がりましたね。

金曜日の上げは単に週末のドル不安からの上昇だと思うので、ちょっと上がりすぎには見えます。

またチャート上も日足だと、上には雲があり、これが抵抗になるので、一般的には上は厳しいだろうという見解の方が多く見受けられます。

それと個人的に一番恐ろしいと考えているのが、9月7日。ムーディーズがイタリアの格付けを発表する予定です(予定は未定とも取れるので実際にあるかは分かりませんが)。

イタリアは今の格付けもそんなに良い格付けではなく、後2か3段階落ちるとジャンク債扱いになるはずです。

ここで格下げとなり、また市場が反応した場合は、ユーロが大きく下落する可能性があるので、それまでにポジションを考えたいと思っています。(格上げは無いと思いますが、どうなるかは分からないので)

後、今月末は薄商いが予想されるので、どうなるかは分かりませんが、月末のユーロは買われやすい傾向にここ最近はあるので、月末の買いは注意しておいた方が良いかもしれません。

個人的には今週は売りと判断したい。月曜日はドルが上がれば売っても良いと思うが、ドラギ総裁の講演もその日にあるので、念の為、それを過ぎてからでも良いと思う。それ以外は、欧州時間に大きく上げる可能性があるので、上昇が落ち着くまではしっかりと待ち、落ち着いてから恐る恐る売りを入れる程度にしたいと思っています。

【ドル円】

ドル円に関しては、基準通貨になっている関係で、一番注視して見ていました。110円台前半はさすがに買いかと見ていましたが、トランプの顧問弁護士の暴露(弁護士の暴露なので、情報としては間違いないと思われます)、トランプの金利発言などなど、ちょっとした事で下がってしまい、まさしく神経質な相場となりました。

来週もこんな値動きなら売買はしたくありません。

ただ、値動きは見ていただけに、111.51。このレベルは中々超えられません。特に大きなニュースもなく、なだらかに上昇して来た場合でも、何故かこのラインだけは抑えられているのを何度も見ていたので、ここを抜けると上昇に勢いが付くと個人的には思います。それと、逆を言えば中々ここまでは上がらないので、買いの場合、その手前の111.4ぐらいで利食いして、再度下がるのを見てから売買した方が、この状況が続くのなら懸命ではないかと思います。

チャートで言うと、ちょうど日脚の雲の上限のラインです。

個人的には、売りで入った場合、このラインにストップを入れるとか、買っている場合、指値を入れるならこのラインを考えているのなら、このラインより20pip上に入れるとか、このラインに買いのストップを入れて20pip上で利食いの注文をいれるとかを考えます。

ただここの所のドル円はふらふらしています。(勿論金曜日はFRBという材料もあり、それ以外はニュースなどの材料もあり、理由はありましたが。)その点が怖いんですが、下がったら買いでも良いのかという値動きには見えます。

来週の相場の材料

8月25日、にドラギECBの講演が予定されています。個人的にはあまり良くない結果になると考えていますが、ユーロが大きく上がっているので、何か良い材料があるのかもしれず、ちょっと注意しておこうと考えています。

8月29日、アメリカ4半期GDP改定値の発表

 

9月4日からは基本休み明けで、海外勢も入ってくるはずです。初動は動くこともあるので、その点も考慮しながらポジションを考えていった方が良いかと思います。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございます
又のご訪問を心よりお待ちしております

ブログランキングに参加しています
やる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ
にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職がFX

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

トランプ氏の発言で、また少し円高に

明け方107.4付近だったドル円は、トランプ氏の貿易関係の発言で、一時106.99位まで下がりました その後、USTRが火消しと取れる公表をしましたが、市場はトランプ氏の発言を重視している為、円高にな …

NZ円、ai外貨予想

今は8月3日、午前10時5分です。 じぶん銀行のai外貨予想について、NZ円を見たところ、1営業日後と5営業日後に上がるの予想が出ていました。 見た理由は、他通貨と比べても売られているから。 ちょい下 …

先週のFXと今週の相場展望

先週のFXですが、相場参加者が一番注視していたのは、トランプ氏が、2000億ドルの米中追加関税を発動するかという点でしたが、結果から言うと、発動せず、週の半ばだったか、中国と協議するというニュースが流 …

先週のFXと来週の相場展望

先週のドル円は、週前半は利食い売り?か、下落。水曜日にトランプに対する弾劾疑惑で大きく下げたものの、以降は米中貿易問題が解消する可能性というニュースから上げ、金曜日は、サウジ石油施設をドローンで破壊し …

先週のFXの結果と今週の相場展望

先週のFXですが、典型的な夏枯れ相場(海外勢はほとんどが夏休み。約1ヶ月程度と長く、その間は相場参加者が激減する)だったのかもしれないような値動きに思えました。 殆ど動かない中、収益を伸ばしたいという …

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

カテゴリー


PVアクセスランキング にほんブログ村