無職の考え

生きてく為に必要な交渉について認識した日

投稿日:

自分が30を過ぎた時ぐらいだろう。

会社勤めの時、ある程度の重さの仕事をさせてもらった事がある。

自分の結果がその会社代々に渡り影響してしまうような事。

勿論チームで案件にかかるので、自分1人の責任では無く、チーム全員の力の結集となる。

今まではあまり大役を背負った事が無かったので、何かあっても、大体譲歩して生きてきたが、この日を境に、大事な事に関しては、絶対に引いてはいけない。交渉により、少しでも有利に事を進めないといけないな。

その為には行動あるのみ。

常識の範囲内なら何をしても良いから、行動により、黒を白にするぐらいの気持ちで挑み、結果を出さないとと考えるようになった。

でもその為にはやはり勉強が必要。

解決するべき問題を理解し、打開策を打ちだすには、その分野の知識の吸収と思考が必要になる。

自分には尊敬する力のある上司がいたが、その人は当たり前のようにそれを理解し、遥かに大きな案件を解決する為に、日々身を粉にして働いていた。

そんな後ろ姿を見ていた自分は、皆ある程度の年齢になると、色々と考え、自発的に人生を切り開いて行くのだろう。

漠然とそう思った。

そしてそんな事を今日再度考えさせられた。

実は今日は打ち合わせだった。

自分の家に関する事。

結論から言うと、

あまり結果が良く無く、自分の力不足について考えさせられた事と、何故こんな結果になってしまったのか?望んでいない結論に、未だに悶々としている。

現実問題、もうその結果は変わらないので、考えるのが無駄な訳だが、今の自分は、将来同様の事で後悔したくないという気持ちと、その取り返しのつかない結果を、覆すぐらいの事をこれから自分が出来ないか?

何かそんな事が頭にある。

一時的なものかもしれないが、執念深くなったなと思うし、結果を覆すぐらいに大きな事を、今後やり遂げる事が出来たら、自分は満足するだろうと思う。

今は少し時間があるから、この事をもう少し考えて、何か決めれたら良いなと漠然と思考中。

今回の事もそうだが、世の中だいたいは相手のある事が多い。

交渉事があったら、決して直ぐに譲歩せず、よーく考えてみよう。またゴネるところはゴネよう。

そうした方が上手く行く時もある。

またこれを繰り返せば、積み重ねたら大きなものになる。

引くべき事、誰がどう考えても覆す事が出来ない問題は放置で良いが、それ以外で自分が希望する場合は、現実には行動あるのみ。またそこでの話術は、今までの力の出し所だと思う。

その為には日々鍛錬あるのみ。頭を良くし、相手に納得してもらう為にも、日頃から思考し、インプットやアウトプットも決めてやっていかないと力はつかない。

珍しくそんな事を考え

頑張らなければいけないなと思えた日。

記念に記事にしました。個人的な事ですいません。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます
又のご訪問を心よりお待ちしております

ブログランキングに参加しています
やる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ
にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職の考え

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

黒人に言ってはいけない言葉

今日はちょっとためになる話をしよう。 アメリカのケーブルテレビ、cnnで実際に流れたニュースなんだけど、以下の写真で、ゴリラのニュースを読んだ右側の女性アナウンサーが、ニュースを読んだ後、左にいる男性 …

暇な時間を持て余す無職

こんにちは、無職の金丸です   殆どの人は、労働する事により、対価を得て、それで生活しています。 1日の大半を労働に当てる為、余暇の時間は、待ち遠しく、楽しい時になると思います。 しかし、自 …

パチンコ業界人に、パチンコを人に勧められるか聞いてみた結果

自分はパチンコ・パチスロを打っているので、パチンコの動画も好きで良く見ています。 万発・やんぐの分かってもらえるさ という番組内で、パチンコ業界では知らない人は居ないとも言える、かなり昔から、この業界 …

無職になって考える事

自分は昔会社員でした。会社員時代は、「給料が安い割には、仕事が単調で嫌だ」とか、「こんな事をしていてもなんのスキルもつかない」とか、「どんなに働いても、その労働力は、会社にしか帰属しない。自分の所に給 …

西新井駅前でオタクが職務質問されてた

平日の10時20分。 西新井駅前交番前で、気の弱そうなオタクが職務質問をされていました。 ズボンのポケットは勿論の事、肩からかけていたバッグの中を隅々まで調べられています。 近くを通りかかったので見て …

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

カテゴリー


PVアクセスランキング にほんブログ村