DQNな職場から脱出した無職

DQNな職場から脱出した無職その6【人事発令→異動】

投稿日:7月 8, 2017 更新日:

こんにちは、無職の金丸です。

 

前回の記事で、DQNな職場での飲み会の事について書きました。

DQNな職場から脱出した無職その5【職場での飲み会】

普段の日常生活における仕事内容や飲み会での壮絶な光景を目の当たりにした自分は、その後も正直ショックの色を隠しきれませんでしあが、その後もDQNの環境は変わりません。数年が経過しましたが、

仕事は、単調で、誰にでも出来るもので、その仕事自体が自分にはあまりにもつまらなく、入社した当時のやる気はもうほとんど残っていませんでした。

「また明日も同じ箏をするのかー」と死んだ魚のような目で会社に向かっている自分がいたと思います。

また、職場内は個性が強すぎる人ばかり。協調性なんて皆無な人達しかいません。

つまらない仕事と驚くような同僚ばかりというダブルパンチにやられていた自分ですが、その部署の何部門かをとりまとめている一番偉い人(取締役A)が、そんな自分の行動を見透かしたようで、他部署への異動の辞令が発令されました。

その人は、実は会社のナンバー2で、大変な実力者であり、人格的にも申し分ない人でした。

まさに、自分にとっては、神様。

そんな人が引き上げてくれたんですが、そのナンバー2のあだ名は、ザビエルでした。

単に頭のてっぺんが薄かったからついたあだ名だと思うのですが、同僚のツーブロックの上司は、その人格者の方が上司であるにも関わらず、本人に聞こえるように、「ザビエル」と言ってます。

そして、その言葉に対して、他の同僚は、全員大喜び。

ここは、会社か?

と、本気で目の前の人達を見つめた記憶があります

 

馬鹿は死ななっきゃ治らない

という言葉がまさしくピッタリな人達ばっかりです。

しかしながら、自分の環境は大きく変わりました。

次の部署は、●●部、●●課という場所です。

 

初めに配属された部署が如何にDQNな場所だったとしても、自分にとっては初めてで、また最初は一生懸命に頑張った所です。お別れの時(といっても同一の会社なので、同じフロア内で部屋が違うだけです)は、悲しいという感情が湧くかなーと思っていましたが、そんな気持ちは殆どなく、「とりあえず脱出できて良かった」という気持ちで次の部署に配属されました。

次回は新しい部署の事について紹介します

ここまで読んで頂き、ありがとうございます
又のご訪問を心よりお待ちしております

ブログランキングに参加しています
やる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ
にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-DQNな職場から脱出した無職
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

DQNな職場から脱出した無職その12【上司Cの異変】

前回の記事で、職場で行われた飲み会の事について紹介しました 今回は、上司Cの身に起こった異変について紹介します DQNな職場から脱出した無職その11【職場での合同の飲み会】 上司Cの身に起こった異変 …

DQNな職場から脱出した無職その2

こんにちは、無職の金丸です。   前回の記事で、以前に勤めていた会社の悲惨な環境について書きました。今回は、悲惨な職場の仕事内容について書いていきます DQNな職場から脱出した無職その1 D …

DQNな職場から脱出した無職その3【職場の同僚】

こんにちは、無職の金丸です 前回の記事で新入社員だった時の仕事の1つを紹介しました。今回は、新入社員として入社して配属された最初の部署の同僚について紹介します DQNな職場から脱出した無職その2 DQ …

DQNな職場から脱出した無職その9【DQNの課長】

こんにちは、無職の金丸です。   前回の記事で、目の前の席に座る上司Cが、同じ部の課長から執拗に苛められているという記事を書きました。今回はそのDQNの課長について紹介します DQNな職場か …

DQNな職場から脱出した無職その11【職場での合同の飲み会】

こんにちは、無職の金丸です   前回の記事で、上司Cが壮絶な苛めにあっているという記事を書きました。今回は上司C並びにいじめの張本人である課長も交えた飲み会が開催されることになり、行きたくは …

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

カテゴリー


PVアクセスランキング にほんブログ村