DQNな職場から脱出した無職

DQNな職場から脱出した無職その13【営業部のDQNと人事異動】

投稿日:

前回の記事で、自分の上司Cが苛めに合い、退社したことを紹介しました。今回は同じ建物内で仕事している、営業部の事、自分の人事異動について紹介します。

DQNな職場から脱出した無職その12【上司Cの異変】

上司Cが居なくなった後

上司Cが退社しました。

おそらくですが、9割方いじめが原因だと思います。

部署で一番偉い、取締役Aから話があるかなーと思いましたが、この事に対しては何もありませんでした。おそらく取締役Aもそれなりにショックを受けたものと思われます。

Cの説明は無かったものの、取締役Aからは直接仕事を依頼されるようになりました。

結局自分は取締役Aと部長Bから依頼された仕事をする日々を送っていました。

自分の所属する課も、Cが居なくなったので、取締役A、部長、自分だけとなってしまいました。

でも自分以外は、かなりの年配。結局動けるのは自分しかおらず、細かい仕事が多数あったので、日々忙しく、時間はあっという間に過ぎていきました。

またその頃になると仕事も慣れてきていましたし、動いているのは自分だという自負もあったので、15時ぐらいになると、皆が休んでいる休憩所に行って、自分も一息つくことが多くなりました。

休憩所での出来事

休憩所は会社の敷地内にあります。飲み物の自動販売機が5台、タバコの自動販売機もあり、小さな売店も併設しています。

屋外にありますが、普段は建物の中なので、太陽の光に当たりながら、休憩所で一息つくのが日課になっていました。

そんなある日、この休憩所に顔見知りが居ました。

営業部門に配属された同期です。

私の会社の同期は、男子は皆大卒。仲間意識が強く、仲は良かったんです。

同じ会社内とはいえ、中々顔を合わすことが無かったので、気がついたらお互いがお互いを気遣いながら話を始めました。

普段聞こえてくる会話は、DQNの話が多く、DQNは他人を気遣うという事が出来ないので、同期が非常にまともな人に見えます。

パイプ椅子のようなものに腰掛け、ジュースを飲みながら、心地良い状態で話をしていると、異変が起こりました。

同期の営業の上司が走ってきたのです。

営業部のDQNな上司

同期の名前を呼びながら、40後半ぐらいの上司がすごい勢いでこちらに向かって走ってきます。

そして手には何かを持っています。

何だか良く分からないけど、明らかにオカシイ人に見えたので、危険を察知した自分は、体が硬直していました。

その上司が同期の元に到着した時です。「がちっ!」という鈍い音がしたと思ったら、同期がうずくまり、頭を押さえています。

1瞬何が起こったのか分からなかったのですが、

同期の上司の手には、「ゆでたまご」が握られていましたので、大体の事態が飲み込めました。

同期の上司が持っていたのは、ゆでたまご(2個いり)。そしてその内の1つを握り締め、同期のおでこで割ったんです。

同期の上司は、当たり前のように同期の頭で割ったゆで卵の皮を、丁寧にむいて食べています。

ゆで卵でおでこで割られた同期はどうしているのかというと、目にうっすらと涙を浮かべながらも、平然としていました。(おそらく職場では、こんな事が日常茶飯事なのでしょう)

その後その上司は、「後輩は先輩の道具」と同期の前で言い切り、高笑いしていました。

そして、残りのゆでたまごを同期に渡し、「食え」と言って立ち去っていきました。

これは正直かなり衝撃的な出来事でした。

自分が所属していた管理部門のDQNでも、せいぜい、

薄毛の人の毛を抜く

本人の目の前で悪口を言う

業者を散々いじめる(書いていませんが、これもありました)

と言った程度です。

対する営業部のDQNは、ゆで卵の殻を頭で割るという行為。

もはや軽い暴力です。

今まで生きてきた人生の中で、現実にこういう事が起こったのは初めてだったので、正直かなりショックでした。

また、その上司の役職は課長で、その部署内でも№3の存在で、逆らえないという事を同期から聞いた事もショックでした。

なぜこんな人間が出世してしまうのか?

こんな人が出世するというのは、会社の為にも良くないことなのではないか(後輩が苛められるから)と、かなり疑問に思いましたが、自分が所属する管理部門のDQNは、皆それぞれ役職がついていましたし、後ほど分かったのですが、周囲を見渡すと、役職がついている上司の大半は皆DQNでした。

新しい部署への異動

営業部も同様、会社内はDQNの巣窟のような状態です。

それが分かってからは、再度同じような状況に出くわすのが嫌になり、休憩所へ行くのも控えるようになりました。

社内での仕事はそれなりにあり、こなしていると、時間はあっという間に過ぎていきましたが、何しろ自分の環境は、取締役Aと部長Bと接するのがほとんど。

頑張ってはいましたが、何か満たされない。そんな感情を持つようになった頃、取締役Aから呼ばれ、次の部署に異動することとなりました。

次は新部署について紹介します。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます
又のご訪問を心よりお待ちしております

ブログランキングに参加しています
やる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ
にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-DQNな職場から脱出した無職
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

DQNな職場から脱出した無職その8【新しいDQN】

こんにちは、無職の金丸です。   前回の記事で新しい部署へ異動になった事を書きました。今回はその部署で仕事をした際、再度出会ってしまった新しいDQNについて紹介します DQNな職場から脱出し …

DQNな職場から脱出した無職その1

こんにちは、無職の金丸です   本日は、変な夢を見て目が覚めました。 起きた時、以前に勤めていた会社の同僚の悲惨な顔が頭に残っていました。 今の時代は不況ですから、おそらくその同僚も辞めずに …

DQNな職場から脱出した無職その3【職場の同僚】

こんにちは、無職の金丸です 前回の記事で新入社員だった時の仕事の1つを紹介しました。今回は、新入社員として入社して配属された最初の部署の同僚について紹介します DQNな職場から脱出した無職その2 DQ …

DQNな職場から脱出した無職その9【DQNの課長】

こんにちは、無職の金丸です。   前回の記事で、目の前の席に座る上司Cが、同じ部の課長から執拗に苛められているという記事を書きました。今回はそのDQNの課長について紹介します DQNな職場か …

DQNな職場から脱出した無職その12【上司Cの異変】

前回の記事で、職場で行われた飲み会の事について紹介しました 今回は、上司Cの身に起こった異変について紹介します DQNな職場から脱出した無職その11【職場での合同の飲み会】 上司Cの身に起こった異変 …

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

カテゴリー


PVアクセスランキング にほんブログ村