無職がFX

【FX】日銀発表終了と今後

投稿日:

日銀の発表が終了しました。

昼の発表で50pip程度円高に動き、午後の会見は無風で終わりました。

今回なぜこの発表が注目されていたのかというと、世界経済は鈍化しており、どの国も利下げをしてきました。

本日早朝3時のアメリカも予定通り利下げ。

利下げをしていないのは日本だけです。

日本も輸出、輸入をしてなんとか経済が成り立っているわけで、他の国が利下げをするのなら、日本もそれに合わせていかないと、経済の差が出てしまうわけです。今日本経済が絶好調というのなら別ですが、そうでないのなら同調するべきだというのが一般的な考え方でした。

また数日前に日銀側がそれに近い事をにおわしており、今回は何かしらの緩和策の発表が控えているのではないかというのが市場参加者の思惑でした。

しかしながら昼の発表の際に、目だった緩和策の発表が行われなかった為売られ、午後の会見はおそらくこのまま無風で終了となります。

自分はFOMCの結果次第ですが、万一市場参加者が円安に動かし、また日銀がびっくりするぐらいの緩和策をした場合、ある程度円安に向かうと心配だったのですが、とりあえず取り越し苦労に終わりました。

しかし個人的な感想をいうと、日本は本当に動かないですね。

今の政権で動かないのだから、今後はどうなるのか?とちょっと心配になります。

さて今後のFXですが、本日スイスの政策金利の発表(16時30分)、その後イギリスの政策金利の発表(20時)を控えています。

また明日はQEだったかがあったと思います。

大きな経済指標の発表に関しては、その結果が分かる、またはこうなるだろうと考えられる時は事前に持っていても良いのですが、そうでない場合、または予想もつかないときは、先週のECB(ユーロ)のようになる可能性もある為、個人的には控える、または発表後にポジションを取る等の対応をしています。

ということで、今FXをしていますが、比較的控えめにやっているところです。

昨日は日銀で動くかもしれないと警告しましたが、結果はたいした動きにはならなかったのでは無いかという結果になりました。お騒がせしました。

それと本日のニュースで、トランプがイランに対し、何かしらの報復を公表する予定だと流れました。18日付けのニュースで、48時間以内に発表となっているので、その公表の際は、それを材料視され、どっちかに動くかもしれないので、その点は頭に入れておいた方が良いかもしれません。

まだイベントが控えていますし、中東問題もありますし、昨日のFOMCの結果に対し、トランプはまたFOMCは仕事をしない。何故自分の言う事を聞いて利下げをしなかったのか?とコメントしています。今までどうり腹を立てているようですが、相場はそれに反応しませんでした。

今は上記のような感じで、不確定的な要素が多く、とてもではないけど自信を持って方向性を示せるような状況にはありません。

その点を頭に入れたうえで取引をしていった方が良いと思います。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます
又のご訪問を心よりお待ちしております

ブログランキングに参加しています
やる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ
にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職がFX

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

連休明けの無職はFXをしました

こんにちは、無職の金丸です   本日早朝にフランス大統領選の発表がありました。 予想通りの結果で、為替の方はある程度上に行くかとビクビクしていましたが、今の所、前日の終値から大きく上がってい …

先週のFXと来週の相場展望

先週のFXは、休日の割には大きく動いた気がする。 とりあえず5月1日の水曜日、ユーロドルは1.1266まで値を上げた。原因は米中貿易問題の解決の見通しが暗くなったため。ドルが売られた関係でユーロが買わ …

9月21日から25日の相場展望

9月21日からの相場展望だが、結論から言うとこの週は火曜日まで様子見をしたいと考えています。水曜日以降は火曜日までの状況を見て参加するかを判断します。 理由ですが、22日、23日が東京市場が連休になり …

来週の相場展望(様子見)

来週の相場展望ですが、結論から言いますと様子見になります。 正直こんな状況下において、予想とうか、どっちに動くかを述べるのは、個人的には非常に無責任だと思うので、はっきりとした事は一切言えないような状 …

4月11日のFX相場展望

4月11日のFXですが、本日において一番大事な点は、 トランプ氏からのシリアに対する発言だと思います。 トランプ氏がシリアに攻撃する可能性のあるニュース シリアに対する発言は、おそらくですが本日のFX …

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

カテゴリー