無職が賭け事

ギャンブルする人の脳みそは猿以下

投稿日:9月 26, 2017 更新日:

こんにちは、金丸です。

 

パチンコ・パチスロを止めるとか、パチンコ・パチスロはやらない方が絶対に良いとか、自分でブログに書いておきながら、数日、若しくは数時間でそんな事は記憶から消え去り、パチンコ店に入店している自分がいます。

勿論、急に暇な時間ができたとか、待ち合わせまでの時間調整に使ったという大義名分があったときもありますが、そんなのは後づけの言い訳にしかなりません。

結果から考えると圧倒的養分。それが分かっていながら行ってしまうのは何故なのか?

さすがに疑問に思ったので、本日はギャンブル依存について調べてみました

ギャンブルする人=猿と同じか、それ以下という事実

猿に対する実験

猿に実験をした科学者がいます。

まず、ボタンを押すと必ず餌が出てくる箱を作ります。

その箱に気がついた猿は、ボタンを押して餌を出すようになります。

猿は食べたい分だけ餌を出すと、その箱には興味を示さなくなります。

でも腹が減るとその箱のところに戻ってきてボタンを押します。

そこで、ある仕掛けを作りました。

1つ目の箱は、数量に限りがある設定。

餌が50個しか入れておらず、50回ボタンを押すと餌が出なくなります。

2つ目の箱は、ボタンを押すと、餌が出たり出なかったりする設定にしました。

そうした場合、餌の量が決められていた箱については、猿は餌が出なくなることを学習し、箱から餌が出なくなった後は、その箱に近寄りませんでした。

逆にボタンを押すと、餌が出たり出なかったりする設定にした箱については、猿は永遠にそのボタンを押し続けたのです。

その後、ボタンを押す確率により変化があるのかを調べる為に、50%の確率で餌がでる箱と、30%、10%の箱で餌がでる箱と、数種類準備して実験してみましたが、どの箱でも変わらず、猿は狂ったように、一日中ボタンを押し続けたそうです。

ギャンブル依存症は猿と同じ

人間は、唯一感情をコントロールできる動物です。

猿よりも色んな点で優れているはずです。家に住んで、お箸を自在に使い、靴も履いているんですから。

にも関わらず、パチスロをたたいている姿は、まさしく餌の箱のボタンを押している猿と一緒。

確率についても、低設定は当たりが少ないのに、それが分かっているにも関わらず、嵌っているから打ってみようとか、もうそろそろ出るだろうという考えで、千円と時間を溝に捨てる。

こんな愚かな時間の使い方で良いものか?

人間なんだからこの点はコントロールしないといけないなと思います。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございます
又のご訪問を心よりお待ちしております

ブログランキングに参加しています
やる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ
にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職が賭け事
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

エスパス日拓新大久保店にはもう行かない

1月11日、その前に嫌な負け方をしている事もあり、朝は一直線で漫画喫茶に入店した。 残金14000円握り締めてパチスロ勝負 漫画喫茶内で6時間、アフィリエイトの勉強の為、そういう動画を視聴した所、何だ …

無職が目標をもってパチスロを打った結果

6月になると、何故かソワソワする。 その理由は、会社勤めだった時、唯一の楽しみだった夏季休暇は、大体旅行に行っていたから。【日々変わらない環境、変わらない人間関係の中、旅行に行き、新しい景色を眺める事 …

残金14000円握り締めてパチスロ勝負

1月10日、何気なく財布の中身を確認したところ、お札は14000円。それと小銭入れに入っている小銭しかないことに気がついた。 1月7日のスロット勝負では、珍しく1万程度勝ち、財布には4万強のお金があっ …

12月にパチンコ屋にいる人は、本当の馬鹿だと思う

12月は、別名、師走とも言います。 師というのは、お坊さんの事。いつもは暇なお坊さんでさえも走らないといけない位忙しい時期だと言う意味です。〔多分〕 そんな忙しい12月なので、さすがにパチンコ打ってる …

10月14日の無職の過ごし方

10月14日(水) 昨日は丸1日、マンガ喫茶でサイト作成の準備作業をしていました。 やっと原稿が出来た段階で、今度はこれを正書する為(サイトとして公開するため)再度漫画喫茶に行かないといけません。 昨 …

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

カテゴリー