無職の考え

今は無職だけど将来は正社員になりたい人へおススメの情報

投稿日:2月 9, 2019 更新日:

会社を辞めて無職になる人、病気で無職になる人、結婚して無職になる人、等等無職になるにも色んな理由、事情があります。

でも無職のままではマズイ。どこでも良いから正社員になりたいと考えている方におススメのサービスがあります。

それは転職保証がついたプログラミングスクールです。

簡単に言うと、エンジニアを目指す為、3ヶ月オンライン(自宅のパソコン、漫画喫茶などで)学習を済ませると、転職する企業を紹介してくれます。そこで決まればOK。無事就職となります。

万一決まらなかった場合は、その転職保証がついたプログラミングスクールの費用は全額返金されるというサービス。

就職が決まればそれで良いですが、万一決まらなかった場合は、そのオンライン学習の学費が無料になるので、デメリットはありません。

むしろ無料で学習でき、尚且つエンジニアとしてのスキルがつきます。

尚身につけたスキルは一生ものです。

またエンジニアという職業は、企業から仕事をもらうのは比較的簡単で、独立開業も可能な職業です。それに加え今後の需要増が見込まれています。

最悪就職しなかったとしても、ランサーズなどに登録すれば、仕事に困ることは無いと思います。

興味ある方は良かったらご確認ください。相談は無料なので、気軽に相談してみると良いかと思います。

未経験でも仕事する為の情報

無職で仕事をしたいけど、面接でスキルを聞かれ断られる事がある。

若しくは応募職種を見ると、○○の経験が望ましいとか書かれているが、その経験がなく、応募しにくい。

今まで、そんなに経験してこなかったので、仕事の応募に躊躇する方もいらっしゃるかと思います。

そんな方に対し、未経験で、特別なスキル、資格は不要の仕事を紹介します。

それは、工場・製造業の求人です。

工場・製造業の求人というのは、誰にでも出来る簡単な作業が多く、今までの経験や特別なスキルなどが求められません。

また幅広い年齢を募集しています。また月収30万前後の求人も多く、比較的給料も高額な傾向にあります。

但しと言ってはなんですが、但し、実際にやることは、流れ作業だったり、何かの部品を詰める仕事だったりと、単純作業が多いようです。

毎日毎日同じことが多いので、何も考えないでそれだけやってるだけで給料がもらえるのなら楽で良いやという方にはお勧めですが、毎日同じことだと飽きる。人と話したり、毎日違うことをする仕事が良いという方は、向いていないと思います。

興味がある方は下記を確認願います。全国で、たくさんの未経験でも可能な求人が掲載されています。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます 又のご訪問を心よりお待ちしておりますブログランキングに参加していますやる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職の考え

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

email confirm*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

悩み深い無職の日常

こんにちは、無職の金丸です。   何故だか分からないけど、日々考えさせられる事があるので、ありのままを書いて、自分自身を振り返ってみます。 無職になるとどんな事を考えるのか?興味ある方は読ん …

これからの時代に必要だと思われる事

今回はちょっと真面目な話。 今後生きていくにあたり、どういう考えで生きていけば良いのかを紹介します。 実は自分は会社員になった瞬間から、「会社はいつ倒産するか分からない」と、結構異常なぐらいに危機感を …

志村けん、コロナウィルス陽性で入院について思う事

バカ殿様とか、アイーンで有名な志村けんが、コロナウィルスにかかったらしく、コロナウィルス陽性で入院している。 年齢は70歳。少し前に胃癌の疑いで、胃の中の腫瘍(出来物、コブみたいなもの)を取る手術をし …

黒人に言ってはいけない言葉

今日はちょっとためになる話をしよう。 アメリカのケーブルテレビ、cnnで実際に流れたニュースなんだけど、以下の写真で、ゴリラのニュースを読んだ右側の女性アナウンサーが、ニュースを読んだ後、左にいる男性 …

働いている人を見るたび思う事

こんにちは、金丸です   私は毎日自由時間みたいな生活をしています。 今日は漫画喫茶→昼飯→パチスロ(ちょい負け) 昨日は、漫画喫茶→昼飯→漫画喫茶 一昨日は、漫画喫茶→昼飯→温泉で過ごしま …

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

カテゴリー