40代無職がバイトなど労働しないで生活する事を目指しています!方法や考え、日々の生活を紹介しています!

無職がFX

今週の相場展望

投稿日:

先週の為替は小動きで終わりました。

今週は、以下2点の懸念事項ついて気をつけながら取引をしたいと考えています。

懸念事項

1つ目

土曜日、fx取引終了後に、アメリカがeuの飛行機に対し、関税を5%上げるとの報道が流れました。

3月上旬ぐらいから上げるようです。

経済弱く、政局不安もあり売られており、弱っているeuに、ここぞというタイミングで増税してきました。

eu側は依然は報復すると言っていましたが、今はどうか?

とりあえずeuが徹底的に戦う姿勢を見せ、中国と米国のような関税の掛け合いになると想定されると、相場はeuとusdが売られると考えています。

但し試合は始まったばかりで、この先は分かりません。序盤の動きを観察してからにしたいです。

eu側のコメントは、欧州時間に入らないと分からない可能性もあるので、この件は窓から欧州時間までちょっと様子見してからにしたいと考えています。

2つ目

コロナウィルスですが、中国の次に感染者が多いのは日本です。横浜港に停泊中のクルーズに乗船中の外国人を救う為、アメリカ、香港ともう1つの国が飛行機でクルーズ内の自国民を連れ戻すそうです。

アメリカは中国に行くのは危険だと渡航制限をしましたが、今後は日本が世界からそのような制限を受けても全くおかしくない状況にあると思います。

もし日本は危険だから当分の間飛行機を制限するとなると、日本の輸出、輸入など、経済的な面で大ダメージとなります。

またその場合は円売りになります。

今迄はコロナウィルスは円高要因だったのですが、日本の感染者が増え続けた場合、また世界がそれに反応した場合はちょっと厄介です。

この点は値動きみたり、各国の対応次第であり、事後対応になりそうですが、ちょっと注意しておきたいと考えています。

とりあえずは窓の値動きを見て、以降は日本の感染者数などを見ておきたいと考えています。

今週の相場展望まとめ

上記懸念事項を除けば、先週同様の小動きになるのかと考えています。

とりあえず注目は月曜日の窓。

次は月曜日の欧州時間。

いずれにしてもeuは関税に対して何かしらのコメントは出すと思うので、出したコメントを見て、その後に入れたら入ろうと考えています。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます 又のご訪問を心よりお待ちしておりますブログランキングに参加していますやる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職がFX

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私が一押しの国内のFX会社(国内FXで迷ったらここが良いと思います)

国内FXの会社ですが、調べてみると20社以上はあります。 私は細かいところにケチな性分で、スプレッド、スワップなど、ちょっとした事も気になる方です。コストは1円でも安くしたいし、色んな意味で有利な所を …

アメリカ株は調整か?

昨日はnyダウが大きく下がり、全体的に円高になっています。 今後のnyダウですが、今の段階でも、各国の要人発言などを考慮する限り、下げたくないという姿勢が見える事。為替に関しても、大底からはまだ高い位 …

先週のFXと今週の為替展望

先週のFXですが、先々週末のレートと比較すると、オセアニアが一番売られ、次にユーロが売られました。 逆にポンドは上がり、ドルは横ばいとなりました(主要5通貨を先週末のレートと比較した場合) 原因は、オ …

ドル円上昇の理由

3月28日のドル円は、夕方ぐらいから大きく上昇しました。 16時に105.49だったのが、23時27分には106.2になっているので、約70pipの上昇です。 この上昇のきっかけは、カリアゲが中国に行 …

先週のFXと来週の相場展望

先週のFXは、先々週の終値と比較して、上昇したのはドル円のみ21pipでした。 逆に下落はユーロ-91pip、オーストラリア-89pip、ポンド-274pipとなりました。 下落の原因ですが、ユーロは …

カテゴリー

無料モニター案件の紹介