無職がFX

先週のFXと今週の相場展望

投稿日:

先週のFXは、米中貿易問題がどうなるのかが分からず、結局そのニュースに相場が上下する展開となりました。

以外ではポンドが下落しましたが、これはイギリス内部の政党が、次の主権を狙って争っている為、議会が混乱していると判断されているとされています。またメイ首相を辞任させるという動きも出ています。それも下げ要因となっています。イギリスに関しては、ブレグジットが延期されたものの、その後がはっきりと決まっていない。それが不安要素となっている為、それも売られている状況です。

今週の相場展望

今週も米中貿易問題次第。

この問題が解決する。若しくは見通しがつけば、それなりの方向性が出ると思いますが、現時点では全く見えないというのが正直なところです。

この問題については、トランプと、中国の首相との間の話し合いで出るものとされています。

トランプの方は、中国の首相はすばらしい人だとか、良い結果を出す人だと言っているのですが、中国側の回答が未だはっきりとしたものが無いので、何とも言えません。当面は中国の結果待ちとなると思います。

それとこの問題ですが、相反するニュースが流れている状況です。例えば、中国は今後北京でアメリカと話をすると報道しましたが、その点について、アメリカの高官は、もう中国と話す機会はないと話をしています。

またトランプ自身の言うことも、数時間後には全く逆の事を言っていたりするので、正直何が正しい情報なのかと思うこともあります。

ただ、現状の情報の中で、主流は、協議継続。

その為、協議の結果が出たときに、相場が反応すると思います。

協議の結果については、中国との話し合いがついて、関税撤廃となると、円安方向。

中国との話し合いはつくものの、全解決にはならず、協議は継続。関税は残るというのが中間案。

中国との協議が決裂し、貿易戦争突入というのが最悪のシナリオ。これだと円高に動きますし、世界経済が大きく低迷することが想定されます。

今週の対応

今週どうなるのかは米中貿易問題次第。

その結果によっては大きく上下する危険がある週です。

そんな週に合えてポジションを持つのではなく、可能なら少し待って、相場が落ち着いてから。相場の方向性が出てからポジションを持つのが、個人的には懸命ではないかと思います。

今ポジションを持つことは、丁半ばくちに張っているようなもの。

個人的にはそんな考えで相場を見ています。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます 又のご訪問を心よりお待ちしておりますブログランキングに参加していますやる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職がFX

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

email confirm*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

11月9日から13日の相場展望

来週の為替だが、基本的には様子見で対応したい。 ただ、ずーっと様子見だけではお金が増えないので、入りたければ入っても良いと考えているが、その点は自己判断でお願いしたい 来週様子見の理由 様子見の理由は …

3月8日から12日の相場展望

3月8日からの相場展望だが、この週も半分は様子見とします。 一応今までドルが売られてきたのが、ここ最近パウエル発言、日銀などの公表、アメリカコロナ収束期待などの要素から買い戻されていることもあり、来週 …

今週の相場展望

今週の相場展望ですが、結論から紹介しますと、 正直な話半分ぐらい様子を見てみたいと思っています。 先週が想像以上に激しい動きになった事もあり、今週はそのリバウンド的な 値動きを見て、そこで取れるならと …

9月28日から10月2日の相場展望

9月28日からの相場展望ですが、この週はやってもドル円をちょっと触る程度にしようと考えています。 理由ですが、米大統領選が近いこと、ポンドの通商交渉がこの週に行われる事と、ポンドに関しては、一応10月 …

今週の相場展望

今週の相場展望は、米中貿易問題の報道に振られる展開になると予想します。 特に大きな経済指標の予定もないので、上記で引っ張られる可能性が高いかと思います。 一応週末APECで、中国と米国は米中貿易問題の …

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8人の購読者に加わりましょう

カテゴリー