無職がFX

先週のFXの振り返りと来週の相場展望

投稿日:

先週のFXの結果ですが、実際のトレードは殆ど出来ませんでした。

その引き金になったのが、水曜日の午前9時頃の対円のペアの下落。

今でも覚えているけど、9時5分ぐらいにチャートをみたら、ぐんぐん下がっているのを確認し、背筋が凍るような感覚になったのを覚えています。

自分は値動きは毎日見ているので、おおよその予想はつくのですが、この下げというのは個人的には絶対にあり得ない動きでした。

またこのレートなら、絶対に買いだろうという気持ちはあったのですが、前日安値を更新しそうな下げの勢いを感じたので、建値に出来るものは全て建値にさしなおしました。

結局何かのニュースにより、レートは上がり、建値で逃げれた(本当ならもっと利益が積み上げられたのに)のですが、これでやる気がなくなりました。

その後は金曜日の22時過ぎぐらいから軽く参戦した程度です。

この週は、直近2ヶ月ぐらいの中で一番やりにくい、読みにくい週だったように思います。

相場が変な動きをしてしまう原因ですが、トルコショックの下落の影響(現時点でも根本的な解決にはなったおらず、多くの参加者がびくびくしています)だったり、トランプが休み休暇中なのに、暇なのかツイートを連発してきたり、米中の貿易関連のニュースが流れたりと、全体的に不安要素が多くある中、参加者が少ないのもあり、変なニュースで変に反応し、非常に不安定な相場だったように思います。

来週の相場展望

来週も基本海外は夏休み相場です。日本勢が戻ってくるので、若干の動きがあるかもしれませんが、基本横ばい、様子見ムードが強い相場展開になるのかと考えています。

また重要な経済指標関連は、22日のFOMCの議事録公表のみ。

一応これだけはチェックしておきますが、後はボンヤリというか、夏季休暇でもとって遊びに行ってた方が良いのではと個人的には考えています。

そんな中での個人的な売買戦略ですが、月曜日と火曜日の日本時間は、ドル円に関してのみ売られる可能性があるかもしれないので、買いは控えておきたいと思っています(この水準だと、売りはきついので、売りもしません)

それ以外では基本様子見。

ポンド円も、ここまで下がったらと感じられるレベルにはありますが、こういう時は様子見しておきます。

それ以外で面白そうなのは、AUD/USDなどのUSDとの複合ペア。

先週金曜日はドルが下がり、それ以外があがるという展開で、USDの複合ペアが軒並み上昇しています。

今週はこの流れが続くのかに注目しています。

簡単ではありますが、これで終了とさせていただきます。理由ですが、本当に変な相場になってきていると個人的には見ています。貿易やトルコ関連が落ち着いて、相場参加者がビクビクしないで売買できる状況に早いところなってもらいたいものです。落ち着くまでは怖くて様子見しか考えられません。今のところは相場参加者も少なく方向感も出てないので、なおさらなんです。すいません。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございます 又のご訪問を心よりお待ちしておりますブログランキングに参加していますやる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職がFX

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

email confirm*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

先週のFXと今週の相場展望

先週のFXは、米中貿易問題がどうなるのかが分からず、結局そのニュースに相場が上下する展開となりました。 以外ではポンドが下落しましたが、これはイギリス内部の政党が、次の主権を狙って争っている為、議会が …

12月14日から18日の相場展望

来週の相場展望ですが、一番の注目材料は、13日に発表されると言われている、イギリスとEUとの通商交渉の状況です。 先週は合意なき離脱になる可能性が高いということでポンドが売られました。 個人的な見解で …

先週のFXと来週の相場展望

主要5通貨の値動きですが、先々週と比較すると、上昇はドル円70pip、豪ドル円107pip、ポンド円36pip。それに対し、ユーロドルが32pipの下落で終わりました。 一部通貨を除いては、薄商いのよ …

6月11日から15日の FXの結果

6月11日から15日のFXですが、結果から報告しますと、360713円の利益となりました ※スマホから取引通信簿を取得した関係で、下半分が切れてしまっています。ご了承願います。 この週は、木曜日の18 …

ドル円はこの先どうなるんだろうか?

先週のfxの値動きを改めて振り返ってみると、気になるのがドル円。 日足で4日連続の陽線とかなり強い。 ドル円は個人的にはファンダ的な要因は上だけど、政治的要因では下と考えてる。 ここ最近のトランプ氏の …

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

カテゴリー