無職がFX

来週の相場展望

投稿日:6月 13, 2020 更新日:

FXですが、コロナに加え、金融緩和、株価、原油、イールドカーブ(YCC)が絡み合い、中々難しい値動きであると思います。

そんな中先週はアメリカのイールドカーブの件で、FOMCがそれをコントロールできるという事でドルが売られていましたが、木曜日の発表の結果、その点についてはコントロール出来るとは言えず、株が下落、ドルが上昇となりました。

金曜日はドルがあがりましたが、この流れを受けているのではないかと個人的には考えています。

さて来週の相場ですが、上記で書いた通り、色んな要素が絡み合っています。またアメリカ大統領選挙が控えている中、トランプの支持率が異常なぐらいに下落しており、さすがに本人も焦っていると思うので、何か言いだす可能性もあります。

ということで、長々書きましたが、基本動きにくいレンジと想定していますが、動く可能性もあるので、ストップを入れながら、小ロットで取引したいと考えています。

後、自分自身、為替通貨ペアのおすすめはあまり公表しないのですが、今回のドルスイは、ちょっと注目しています。

今メンテ中なので、チャートも控えますが、水曜日か木曜日が安値でした。

ドルが売られた事で、ドルスイも下落。またスイスが買われていたこともあり、さらに下落していたのですが、木曜日発表のFOMCが、YCCコントロールに関しては、ノーコメントに近かったので、今後ドルの買戻しが出る可能性、またスイスは買われすぎで売られる可能性があります。

その意味で、もう少しは上に行くのでは無いかと個人的には注目している通貨です。(但しこういう時に限って下落するので、もし購入を検討されている方は、水曜日か木曜日の最安値付近にストップを入れるのが良いと思います。)

チャート的には下を試しに行こうとしていますが、その理由が上記なので、踏みとどまるかと思っているのですが、下がりだしたら下げもきつそうなので、どこかにはストップ入れておくとやばそうな動きに見ています。

以外のおススメは本当にありません。

何だか難しい相場になっているなと感じています。

後、ポンドが日本と貿易交渉?する予定になっていたか、ちょっと忘れてしまいましたが、今後イギリスは色んな国と貿易の交渉をしていく筈です。話題になると思いますし、今後のイギリス並びに貿易交渉先の国においては、良い意味で新しい風が吹くので、ポンドに興味がある方にとっては面白い(ニュースに関してですが)状況になってくるのかと思います。

私は転売などはやっていないので、良く分かりませんが、輸入量、輸出量の増加となると、もの凄い金額が動くわけです。そこに何かしらの商機があるものと思うので、その点を先読みできれば、流行が分かるとか、そういうのに乗っかるとか(株とかも)で、何か美味しい話があるかもしれません。

またこういうのはマネーとかの金融雑誌にそのうち書かれますが、その記事になる前に判断できたら、結構おお儲けできそうな気がしています。

まあ戯言の範囲ですが。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます
又のご訪問を心よりお待ちしております

ブログランキングに参加しています
やる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ
にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職がFX

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

来週のFXレート予想

こんにちは、金丸です   私は週末になったら必ず、来週のFXの相場の見通しを立てています。 売買戦略とでもいうのでしょうか? それぞれの通貨ごとの動きを予想し、その予想に則って取引をしようと …

先週のFXと今週の相場展望

先週のFXですが、ドル円に関しては、日本の年金積み立て管理運用独立行政法人(GPIF)の外債投資拡大表明を受け、円高に動きました。水曜日につけた高値が108.47円。 その際の値動きについては、月曜日 …

【FX】G7電話会合の結果とドル円の利下げについて

昨日g7の電話会合が行われました。会合の結果は今回は特に行動しない,すなわち何もしないと言う結果になりました。しかしながらこの結果が失望を招き、NYダウは再度下落し始めました。この値動きを見たからか、 …

fx.ユロドル

こんにちは、無職の金丸です   突然ですが、fxの話。 今日は、ユロドルが4時間足でトリプルボトムに見えました。またここ数日の動きを見ると、下は固そう。 だから、少し買いましたが、全然ブレイ …

10月12日から16日の相場展望

先週の相場展望ですが、懸念していたトランプ大統領の病状は、現段階では回復という形で織り込んでいます。 でも志村けんさんが亡くなったのは70歳です。 対してトランプ大統領は74歳。 ステロイドなど、強い …

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

カテゴリー