無職の考え

無職の休日の過ごし方

投稿日:12月 7, 2016 更新日:

無職の皆様、無職でない皆様も含め元気にしていますか?

ここ最近は、寒さがひどいので、風邪など引かないよう、気をつけてください。

 

さて、本日は無職の休日の過ごし方について、サラリーマン時代とは全く違う考え方となってしまった事について紹介します。

サラリーマン時代とは異なる休日の過ごし方

サラリーマンの時の自分の休日は、基本日曜日のみでした。

1週間に1度しかないこの休日は、来る日が待ち遠しく、そして来たと思ったらあっという間に過ぎ去っていってしまう一日でした。

サラリーマン時代の休日の過ごし方はというと、とにかく早起き。平日よりも早く目が覚め、何かをしないと勿体無いという感覚に襲われ、体が疲れていなければ、積極的に外出をしていました。

仮に友人などとの約束が無かったとしても、外出は必須。

何をするわけではありませんでしたが、会社員というのは、ほぼ毎日同じ人と会話し、同じ景色を見ているもので、生活が単調になりがちです。

おそらくですが、日々の単調な生活に変化を求めて外出をしていたのだと思います。

対する無職の今は、特に決まった用事が無い日も多く、毎日が日曜日みたいなものです。

昔だったら、とっくに外出していたのですが、無職の今はそれが出来ない。

理由は、「他にやるべきことがあるだろう」「生活の糧、稼ぎを決めてからにしろ」と考えてしまうからです。

実際問題今の自分には、手堅い収入源が無いといえる状態。念じればお金が湧いてくるなんて事はなく、これからは自分の行動により、お金を稼いでいかないという現実があります。

今の自分の行動が先の自分を形成するということがはっきりと分かっているだけに、まずやるべき事をしてからにしようという思考回路が働いているのです。

だからこの思考回路は間違っていないと思うのですが、ここの所朝から晩までそのことで頭がいっぱいで、考えすぎで脳が疲弊しているような状態です。

よく年を取った人が、「何も考えずに遊べた昔は良かった」なんて言ったりしますが、今はまさしくそんな心境。全てを投げ出して、少しの間自由を得たいという気持ちも少なからずあります。(それをすると後でツケが回ってきそうなので出来ないのですが)

しかし考えてみれば、こんな呑気な事を書いているだけでも、十分に恵まれているはず。

世の中には、こういって考える時間すら無いほど追われている人も多数いるわけで、書きながら、頑張ろうと思ってしまうこの頃でした。

目標として、稼ぎの泉を作って、ある程度満足いく月収まで持っていき、それが出来たらご褒美として、兄弟に何かを買ってあげようと思います。

さて、自信を持って頑張ります。

 

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございます 又のご訪問を心よりお待ちしておりますブログランキングに参加していますやる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職の考え
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

email confirm*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

自由と悩みと不安

こんにちは、金丸です   今日は、今自分が抱えている悩みについて書いてみます。理由は、毎日何してるか分からないと感じる事が多いから。書いてはっきりしたいと思います。 悶々と過ごした1日 今日 …

ある人にとても良くしてもらった

こんにちは、無職の金丸です。   この前、無料相談会みたいな所で相談した所、もの凄く親身になって聞いてくれ、尚且つビックリする位有益なアドバイスを頂きました。 その方は、色んな意味で優秀で、 …

ギャンブル必勝法

ギャンブルをやってて思うのは、勝ちは勝った金額に対し、嬉しさが比例するが、負けに関しては、必ずしもそうでは無いという事。 負けた時に苦しかったり辛いのは、自分が使ったお金が返ってくる可能性がみじんも無 …

黒人に言ってはいけない言葉

今日はちょっとためになる話をしよう。 アメリカのケーブルテレビ、cnnで実際に流れたニュースなんだけど、以下の写真で、ゴリラのニュースを読んだ右側の女性アナウンサーが、ニュースを読んだ後、左にいる男性 …

ストレスの無い生活を送ったほうが絶対に良い理由

こんばんは、無職の金丸です。   昔、無職になりたての時の自分は、収入が無かった為、ネットで稼ぐためにブログの作りこみ(このブログ以外で)や、副収入を得る方法などについて、集中して知識を吸収 …

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

カテゴリー