無職の日常

駅からパチンコ屋に一直線で向かう

投稿日:

こんにちは、金丸です

 

本日11月5日は、某パチンコ店のジャグラーのイベント日です。

毎月5の付く日は、多分ですが、最高設定も入れてくれる店です。

その割に、普段は客ゼロ。

自分は、偶然この店で打った時、履歴から5の付く日は設定を入れている事を確信したので、本日は電車を乗り継ぎ、30分以上かけてこの店に向かいました。

最寄駅到着が10時。駅から一直線でパチンコ屋に向かい、入店しました。

普段は客ゼロの店なんで、今日も大丈夫だろうと思っていましたが、中に入ると、まさかのジャグラーが満席。

若い人から60代迄含み、老若男女、色んな客が座っていました。

この店は普段は客ゼロなんで、空いているジャグラー以外の台に期待は出来ません。仕方なく隣にある超ボッタクリ店に移動しました。

10時10分になっているのに、パチスロコーナーに居るのは自分だけです。

誰もいないマイジャグの島で、1台ずつガックンチェックをしながら打ち込んでいきました。このボッタクリ店はメダルを持っての移動が禁止なんで、1台に最低千円かかります。

子役の落ちが良い台は、もう千円追加なんて事をしていたら、あっと言う間に2万が無くなりました。

因みにノーボーナスです。

11時過ぎても客は数人。おそらく高設定なんて初めから無い店です。

貴重な時間と2万を失い、ようやくその事に気づき、店を出ました。

その後は、ジャグラーのイベント店に戻りました。

空き台が数台あったので打ってみるも、やはり出ません。履歴も低設定だし、前任者も朝から並びやっと取れた台を捨てるくらいなんだから、相当な理由があったんでしょう。

ちょろちょろと打ち、結局5千円の負け。

その後は我に返り、スパディオに行きました。

自分は、この温泉の会員です。

今日は日曜日なんで、温泉も混んでると想像していましたが、日曜日でも露天風呂には4人程度。

平日だと2人くらいしか居ないので、それに比べれば混んでいますが、全然問題の無い範囲です。

温泉に浸かり、その後仮眠室に向かったら、かなりの混雑。

どうやら日曜日は客はそれなりに居るけど、皆寝ているようです。

自分も残り少ない椅子に横になり、仮眠した後、再度温泉に入り、退店しました。

最近の自分は、銭湯に良く行ってるんですが、やはりスパディオのお湯は格別です。

自宅からだと1時間かかるし、電車賃も1千円程度かかるけど、わざわざ行くのはお湯が良いのと、温泉後の仮眠が最高だから。また、パチンコで負けた事も寝れば忘れられます。

皆さんも、疲れた時、悩んでいる時は是非行ってみて下さい。自分はこの温泉にかなり癒されています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます
又のご訪問を心よりお待ちしております

ブログランキングに参加しています
やる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ
にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職の日常

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

温泉はFXに効く

1月22日、13時31分です。 東京は珍しく雪 自分は、雪の中、電車と歩きで温泉に来ました。 今日は月曜日の週初め.FXもやる気満々で、移動中の電車内や歩いている時、頻繁にポジションやレートをチェック …

漫画喫茶が空いてきた

今日は5月12日、先週まではゴールデンウィークに加え、外出自粛令が出ていたことで、漫画喫茶は、行く店、行く店がかなり混雑していた。 座れないという事は無かったが、たくさんのお客さんが来ているようで、希 …

四十肩手前で何とか助かった

3月16日(金)朝起きたものの、体が妙にだるい。 そして今まで感じたことがない違和感を感じていた。 原因は、2つ。 1つめは、昨日のパチスロ。 ヤスダという糞店で、11時~17時迄、凱旋・ハーデス・バ …

ここ最近少しおかしい無職

こんにちは、無職の金丸です。   突然ですが、お金は生きていく為に必要です。 皆さんは、どうやって稼いでますか? 会社員とか、自営業、中には空き缶拾いなんて人もいるでしょう。 職業に貴賎無し …

養分大集合

私が頻繁に行っているパチンコ店には、ジャグラーを専門に打つ養分(負け続けている人)と思われる方が5人ほど居る。 1人目は、推定65歳、禿げ上がった頭に365日黒いジャンパーという格好のおじいさん。 出 …

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

カテゴリー