無職がFX

FXで絶対に遵守するべき資金管理について

投稿日:

こんにちは、無職の金丸です

 

私はFXで生活費を稼いでいます。取引時間は、夜中寝ている時間を除き、レートは確認している状態です。

そんなFXばかりしている自分が、FXで絶対に遵守するべき事について紹介します。この事は基本FX専業の方には必要なことです。また専業でなくてもFXをする上でこれだけは守った方が良いと身をもって感じましたので紹介します。

FXで絶対に遵守するべき事

自分は、FXのみで生計を立てているといっても過言ではない状態です。

そんな自分のFXの成績は、過去1年程度は、勝率9割以上。負けるという言葉なんて忘れるぐらい勝っていました。とにかくFXでポジションを取った後、マイナスになる恐怖なんて、これっぽっちもありませんでした。

しかしながら、ここ数ヶ月の間に出てきた、地政学リスクというなんともトリッキーな値動きを誘発する要因に、なかなかついていくことが出来ず、ロスカットを数回くらい、負ける事の悲惨さ、また負けた時に始めて分かる大事な事に気がつきました。

それが資金管理の重要性

FXというのは、お金を元に(賭けて)お金を増やす仕組みです。仮にその種銭が無くなってしまったら、その後FXを出来なくなる=FXで稼げなくなるという事になる訳です。

そんな事当たり前だ!と言う方がいらっしゃるかもしれませんが、今まで大敗を経験した場合、追加資金が無ければ退場という事実を認識できなかった自分は、今になって初めてこの事を強く認識しました。(サラリーマンだった時は大敗していましたが、追加入金出来る状況だったので、再チャレンジしていました)

相場とは自分の考えた通りに動くものではありません。

ロスカットされましたで、資金が無くなりましたでは笑い話にもなりません。

という訳で、いつ如何なる時も、嫌でも逆指値(ストップ)を入れるようにしましょう。

自分の読みが外れるという事は誰にでもあると思います。その読みが大きく外れ、それにより資金が枯渇し、FXを出来なくなったとしたら、どうしますか?

その際に、逆指値を入れておけばある程度残るけど、入れてなければ、預託証拠金程度しか残りません。

残金をどれだけ残すか?それを選択するのは全て自分です。

正直な話逆指値に引っかかるのは、気絶するぐらい嫌な事ですが、損する金額は自分で決めることが出来ます。逆に逆指値を入れなかった場合、マイナスが青天井になります。そう考えて何とか入れるようにした方が良いと思います。

そして、この資金管理が出来ない限り、必ず意図しない方向に進んだ際に、退場を迫られると思います。

相場には、何年かに1回のスパンで大きな値動きがあります。

それに引っかかって終わり。今まで積み重ねてきたものも全て終わりでは正直きつすぎますよね。

そういう意味でも、必ず入れることをお勧めします。

また、もう一点。

相場とは自分の想像と逆の動きをする事があるという認識を必ず持ちながらトレードをする事です。

これは自分だけなのかも知れませんが、レートを見て、売りなら売りと決めた場合、徹底的に売ってしまうんですよね。

そしてちょっと上がるとナンピンもします。

理由は、思い通りに動くという変な過信があるから。

確かに5割は超える確率でその方向に進むことが多いのですが、何回かに1回の割合でひどく逆行するときがあり、それで大きく資金を溶かすことがあったり、塩漬けで身動きが取れなくなることがあります。

そしてこの事も、ポジションを持てば持つほど、これが起こる可能性も上がります。

よって必ず逆に動く可能性もあるという事を頭に入れながら、余裕のある証拠金の中で適度なポジションを目指しましょう

ここまで読んで頂き、ありがとうございます 又のご訪問を心よりお待ちしておりますブログランキングに参加していますやる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職がFX
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

email confirm*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

アメリカと中国の貿易関税について

本日13時アメリカが、中国に対し、340億ドルの追加関税を発動しました。 今は夕方の17時21分ですが、現時点で為替相場は、その事実に対して反応していません。 よって現段階ではこの340億の関税は相場 …

9月18日為替が動いたのはトランプ対中関税発動の為

9月18日、早朝の時間帯に円高に動きましたが、 これはトランプが中国に対し、2000億ドルの関税を課すと発言したからです。 具体的には、関税は9月24日に発動。金額は2000億ドル,税率は年内は10パ …

今週の相場展望

今週の相場展望ですが、結論から紹介しますと、 正直な話半分ぐらい様子を見てみたいと思っています。 先週が想像以上に激しい動きになった事もあり、今週はそのリバウンド的な 値動きを見て、そこで取れるならと …

今週の相場展望

今週の相場展望は、米中貿易問題の報道に振られる展開になると予想します。 特に大きな経済指標の予定もないので、上記で引っ張られる可能性が高いかと思います。 一応週末APECで、中国と米国は米中貿易問題の …

12月14日から18日の相場展望

来週の相場展望ですが、一番の注目材料は、13日に発表されると言われている、イギリスとEUとの通商交渉の状況です。 先週は合意なき離脱になる可能性が高いということでポンドが売られました。 個人的な見解で …

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

カテゴリー