無職がFX

12月14日から18日の相場展望

投稿日:

来週の相場展望ですが、一番の注目材料は、13日に発表されると言われている、イギリスとEUとの通商交渉の状況です。

先週は合意なき離脱になる可能性が高いということでポンドが売られました。

個人的な見解ですが、報道を読み解く限り、第二のイギリスが出てこないよう、EU側は、ガチガチの縛りを持って交渉に臨み、一歩も引いていないのではというような印象を受けています。

EUとイギリスとどっちが損するのか?なんてことで考えてみましたが、イギリスに関しては、離脱するか、存続するかについて、離脱した方が得になるから離脱するわけです。

今後取り残されるのは、EUという泥舟なのかもしれません。

EU離脱か脱退かは大きなニュースです。13日民放でも取り上げられると思いますので、まずはその結果で、月曜日の窓から結構荒れるんじゃないかと思っています。

それ以外ですが、もう市場参加者がかなり減っているような状況にあるとみています。

来週も先週よりもさらに減ると予想されることから、積極的な売買は避け、適度なレンジを狙っていければと考えています。

何か値動きがクリスマスのようになってきているので、特にねらい目はありません。

それと、来週もこんな状況だとしたら、このような記事もお休みするかもしれません。

コロナもあり、相場はかなり盛り下がっているような状況に見えます。

ようやくワクチンが配布されるようですので、そのニュースなど、コロナがどれぐらい終息できるかを見ながら、安全に投資できるような状況になるか?そんなところから、参加者が戻ってくる時期に、取り組んでいきたいと思っています。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます
又のご訪問を心よりお待ちしております

ブログランキングに参加しています
やる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ
にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職がFX

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

先週のFXと来週の相場展望

8月25日から31日のFXですが、週初めは米中貿易戦争が激化するとの見方が多く、大きく円高に動きましたが、その後は円安に動いています。 また週半ばに、トランプが中国との貿易協議が上手くいっていることと …

今週の為替は読みにくい

2月4日10時1分。 ドル円の値動きを見ていますが、以外にも底堅い値動きに見えます。 先週金曜日の指標が良かったので、それが原因で、見直しの買いが入っているように見えます。 先週はどちらかというとショ …

8月31日はフィッチ社のイタリア格付けの発表に注意

8月31日に、イタリアの格付けについて、フィッチ社から格付けが発表されます。 場合によってはユーロ相場が上下する可能性がありますので、注意して下さい。以下に詳細を書いておきます。 ※来週の相場展望に9 …

ハーレー不買運動をするトランプ氏の考え

ここ最近のニュースで、アメリカの象徴でもあるハーレーのバイクの不買運動をトランプ氏がしているというニュースが流れました。 そのニュースとは、トランプ氏が、ハーレーのバイクなんか買わない方が良いと言って …

fxは真剣にやると、レートが気になってしょうがない

くこんにちは、無職の金丸です   先週は、ガムシャラにらfxに時間を使っていました。レートを見ていた時間は、今迄の自分と比べたら遥かに多い。 昔なら、ポジション取った後、レートは見ないように …

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

カテゴリー