40代無職がバイトなど労働しないで生活する事を目指しています!方法や考え、日々の生活を紹介しています!

無職がFX

6月11日から15日の為替見通し

投稿日:

6月11日から15日の為替相場の見通しについて、個人的見解を紹介します。

あくまで個人的な見解なので、ハズレても文句言わない。ハズレても人のせいにしないと言う方のみ、ご確認願います。

6月11日から15日の為替相場見通し

この週は、相場を大きく動かす可能性があるイベントがあるので、先ずはそれを簡単に説明し、その後、個別の見解を書いていきます。

相場を動かすイベント

1.カリアゲとトランプのシンガポール会談

→ご存知の方も多いかと思いますが、6月12日、カリアゲとトランプ氏との会談が行われます。

議題は朝鮮戦争終結宣言と、北朝鮮完全非核化について。

大半の予想は、現状維持か、若しくは若干の良い結果。

自分も大半の予想と同じです。

この場合どっちかと言うと円安に動く可能性が高いんですが、気になるのは何時?かと言う点。

この会談は会談後の記者会見が予定されていない為時期が不明。おそらくは報道時点で動きます。でもそれは予測不可能なんで、どちらかと言うと円安と考えておけば良いと思います。

2.アメリカfomcの公表

→6月13日の早朝3時と3時30分公表予定

これはアメリカの利上げについて、年内であと何回利上げするかの発表です。

予想は4回だったか?直近の経済指標も良く、アメリカは好景気であることから、予想通りになれば、ドル安にはなりにくい。但しこれ自体は織り込み済みの為、怖いのは予想外。利上げ時期を先にずらす場合がドル安になるリスクです。

予想外は円高になります。

予想外の場合、ドルだけ安くなるから、ポンドル、ユーロドルなんかも注意。

大半は、予想通り。自分も予想通りとなり、無風若しくは若干のドル高と思いますが、こればっかりは正直蓋を開けて見ないと分かりません。

消極的な方はポジション減らしておく事をお勧めします。自分は損切りしてまでは減らしませんが、利食いで減らせる分は減らして軽めにしておきます。

3.ユーロ圏出口戦略の公表予定

→6月14日21時30分

この前の20時45分に、ユーロの政策金利の公表が予定されています。サプライズは無いと思いますが、金利を動かすサプライズがあると相場は大きく動くので、一応注意。

21時30分からはドラギから、出口戦略の公表があります。結論から言うと、これが1番読めない。本当どうなるか分からんと思っています。

但し、想定されるサプライズが出ても、今ユーロはイタリアが不穏な動きをしていて、これが大きな下げ要因となる可能性があること。先物ポジションが未だロングに偏っている為、これも下げ要因であることから、サプライズでも上に200pip見とけば大丈夫だろう。

サプライズがなければ、横ばい若しくは若干下。

と見ています。

後金曜日の17時。

ノボトニー氏の発言が予定されています。この人は経済状況を無視した、非常に強気な発言をした事があり、その時にユーロが大きく買われましたが、その3時間後くらい、ecbと言う、ユーロで最も権威ある機関が、ノボトニー氏の言う事は正しくないと言った発言をした為、ユーロが下がった事があります。

そう言った前例がある為、このノボトニー氏の発言は、自分は注意しておこうと思っています。

fx個別の動き

大きな動きは上記。中でも懸念はユーロ。次にfomc,

基本的横ばいか、ドルは若干上。ユーロは若干若しくは割と下のリスクありで終わりと見ていますが、この2通貨が動けば、他も連動するから、その時間帯は全通貨注意が必要です。

全体的に

月曜日→横ばい、ポンド指標は注意

火曜日→横ばい、ポンド指標とアメリカ21時30の指標は注意

水曜日→横ばい、ポンド指標に注意。翌朝3時fomc

木曜日→21時30分ユーロに注意

金曜日→値動きが落ち着くか?5.10日と、17時のノボトニーがユーロ動かす?

と見ています。※抜け落ちは容赦願います。

次は個別

1、ドル円

→先週も下値は堅い。今週は上記を踏まえても、横ばいか若干上を予想。但し、火曜日21時30分に指標。水曜日21時30分に指標,3時にfomc。木曜日21時30分に指標、同時刻にユーロの出口戦略の公表。と、指標が目白押し。

一応アメリカは好景気なんで、指標も良い結果が想定されるが、悪い結果がサプライズ。サプライズには注意。

後、ユーロが売られると、ドルは買われる傾向にあり、逆もありきです。

2.ユーロドル

→イタリアが足を引っ張る可能性が浮上し、下げ要因。先物も下げ要因。

先週の値動きも弱い

チャート上は、先週は20日線?かなんかで跳ね返され、この後はこの付近でもみ合い若しくは若干下に見える。

但し、ドラギ発言で起死回生の上ブレの可能性もあるのが怖い。

ただ、発言1日前迄は、横ばいかやや下かなと思う。発言の前はポジション調整もありそうなんでその値動きに注意。

3.ポンド円

ポンドは今週は月曜日火曜日水曜日と3日連続17時30分に指標発表がある。

指標の結果が良ければ、再度利上げの可能性が高まり、それにより大きく上がる可能性がある。

悪ければ逆だが、ポンドは割と下値は硬そうなんで、どっちかと言うと横ばいかやや上に見てる。

ただし全ては指標次第。動き出したら注意。

後、ドルやユーロにも引っ張られることもあるので、それも注意。

4、豪ドル

→直近の経済指標が良く、上に行くかと見ている。

木曜日10時30分の指標には注意。心配性は、この直前で手仕舞いが良いかも。

ただしこれは豪ドル単体での話。

ドル円に連動する値動きをする為、ドル円の指標も注意しないといけないのが面倒な点。

火曜日にも指標があるので、木曜日程ではないが念の為。

まとめ

スマホから書いてます。また、しっかりと予習したのは木曜日迄。経済指標の抜け落ちや、ズレ。重要な相場要因の抜け落ちもあるかもしれないんで、念の為経済指標は見ておいて下さい。

クロス円相場は、月曜日火曜日は横ばい。水曜日は

午前中横ばい。深夜のfomcでどうなるか?但し値動きがあっても、上に吹っ飛ぶのはあまり期待出来ない。逆にサプライズの下が恐いが、下も堅いんで、150pip行けば良い方だと思う。

木曜日のドラギはちょと未知数。本当に予想不可能。

金曜日は、相場も落ち着いているだろうし、5.10日なんで、仲値を狙っても良いと考えてる。本当にリスク少なくと考えてる方は、ポジションを早めに少なめにして、この日に仲値だけと言うのが1番堅いかなと思う。但しポジションは、早くても早朝5時位から。理想は8時以降。

イベント後で落ちついてると思っているのが大半の予想。少し前に6時から8時の時間帯に大きく売られたのがあるので、念には念をいれたら良いかと個人的には思う。仲値と言ってもそんなに取れないから。後金曜日は持ち越しを嫌がる人達が売るのが良くある。夕方からが多いけど。

何で仲値狙いをしたは良いけど、捕まったら、東京時間内に建値決済が理想。

損切りしてまでとは、今は思うが金曜日の相場環境が分からないからなんとも言えない。

以上、検討を祈ります

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございます 又のご訪問を心よりお待ちしておりますブログランキングに参加していますやる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職がFX

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5月27日、午前10時頃、fxに関するニュースが公表予定

韓国の首相と、北朝鮮のカリアゲ様が、本日会合を行なったそうです。 議題は米朝首脳会談の件。 内容は明日の10時に、韓国の首相から公表される予定です。 この内容により、地政学リスクが緩和されるかの判断材 …

GWの国内FXの結果

GWはいかがでしたか? FXに関して言うと、東京時間はほとんど動かない日々でしたね。 通貨別では欧州、ポンドが比較的大きく動き、ドル円は底堅い動きであったように思います。 結果から言うと、このGW期間 …

今週の相場展望

先週の相場ですが、トランプの元側近の暴露本が出版されました。 噂ではすごい内容だという話だったのですが、大したこと無く終えました。 既に織り込み済みなので、この点の問題は終わったと考えています。 さて …

今日のFXは気長に待つしかない

こんにちは、無職の金丸です   昨日のFXですが、1日で結構な利益を取ることができました。 ある一定のレンジ相場は、自分の得意なパターンです。 でも、夜中2時頃起きた時に取ったユロ円の売り( …

9月18日為替が動いたのはトランプ対中関税発動の為

9月18日、早朝の時間帯に円高に動きましたが、 これはトランプが中国に対し、2000億ドルの関税を課すと発言したからです。 具体的には、関税は9月24日に発動。金額は2000億ドル,税率は年内は10パ …

カテゴリー

無料モニター案件の紹介