40代無職がバイトなど労働しないで生活する事を目指しています!方法や考え、日々の生活を紹介しています!

無職がFX

9月14日から18日の相場展望

投稿日:

来週の相場展望だが、動きそうなのは月曜日のドル円。ポンド、オージと考えています。他通貨もそれらの通貨に引っ張られ、それなりの値動きになる可能性が高いと考えています。

ドル円

14日に国内の総裁選がある。菅になった場合、おそらく円安に進むと思います。具体的なレートですが、安倍首相退陣直前のドル円のレートは、106.3。現在のレートが106.1なのでそれを考えると、そんなに大きな円安圧力にはなるとは思いませんが、月曜日は円安、国内株高にはなると考えています。(菅さんに決まった場合に限りですが)株に関しては、ご祝儀買いのような事もあるので、上がる時間が長いかもしれませんが、為替に関しては、どの時間まで上がり続けるかは分かりませんが、一応誰に決まるかを見守っていたという勢力がそれなりにあると思うので、基本的には円安の要素になりますが、月曜日に大きく売られるような場合は、失望売りとなるのでしょう。世界の投資家の日本に対する評価ともとれると思うので、個人的には月曜日だけは金曜日のクローズよりも同値以上の終値になって欲しいと思っています。

後水曜日ぐらいにアメリカパウエルの演説があります。ここでも動く可能性があります。

ポンド円

先週異常なぐらい大きく動いたのがポンド。

EUとの貿易交渉が下手したら破綻するだろうという理由で大きく売られました。一応ボリスが10月15日をEUとの交渉期限としたので、この日までの間は、イギリス、EUとで歩み寄りがあるか?交渉期限の延長があるか?など、そういったニュースで動く可能性があります。先の話にはなりますが、当面は10月15日を見据えた値動きになると思います。

また来週はボリスが先週議会に提出した、EUとの貿易交渉に関する法案の審議があります。この法案は、EUとの交渉そのものを否定するような内容で、可決されるかが焦点になっています。(18日に審議される予定なので、それまでに可決とか、否決とかの噂が流れると動くし、当日は勿論どっちかで動くと思われる)

可決されれば売られ、否決されれば買い戻されという流れになると思います。

個人的に今のポンドに乗るつもりはなく、今もポンドがらみはノーポジなので、このまま様子を見るつもりです。

オージー

来週木曜日に雇用統計の発表が予定されています。

コロナによりどの程度影響があるのかを判断する指標になりますが、この結果次第で動く可能性があるのかと考えています。

来週の相場展望まとめ

先週のポンドの下落から、来週注意すべき通貨は間違いなくポンドでしょう。

ちょっとしたニュースなどで大きく上下する可能性が高いと考えています。

以外の通貨ペアに関しては先週同様になりがちだと思いますが、たいした事ない内容でも、結構大きく上下したりしてしまうようになったので、その点は十分に注意しながら、控えめにトレードしていきたいと思っています。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます 又のご訪問を心よりお待ちしておりますブログランキングに参加していますやる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職がFX

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

fxで負けていた時の自分と勝ってる時の自分

こんにちは、無職の金丸です。   今はfxで勝ち続けていますが、昔は負けてばっかりでした。 上がると思ってポジを持てば、買った瞬間から急下降。 翌朝には、ロスカット寸前。 とか、だらだらと時 …

3月1日から5日の相場展望

3月1日から5日の相場展望だが、結論から紹介すると【様子見】で対応したい 理由だが、先々週の金曜日に、再度緩和マネー流入みたいな動きになり、NY時間からいきなり動き出した。 それを見て、先週の相場展望 …

3月9日午前中の超円高について

3月9日昼前に、東京市場は超円高になりました。 中でも豪ドルをはじめとする資源国通貨が大きく下げました。 この原因ですが、コロナウィルスによる株安となっている中、土日にレバノンがデフォルトを発表したこ …

【FX】3度目のフラッシュクラッシュ発生予想日

1月11日の金曜日、外為どっとこむの神田という、ただのデブが、3度目のフラッシュクラッシュ(1月3日に発生した円高のような事態)は、1月13日が危ないぞ!起こるかもしれないぞ!と言っていたのですが、「 …

米関税発動の発表があったが限定的な値動きでとどまっている

7月6日13時、アメリカが中国に対して、340億の関税を発動するという公表がありました。しかしこの公表に対して、相場は全く反応せず。 その後中国側が、報復関税を発動するといいう公表を受けて、ドルは10 …

カテゴリー

無料モニター案件の紹介