無職がFX

FXの稼ぎ方成功者達の流儀(銀)を読んでみた

投稿日:

今週末は珍しく以前に購入したFXの本を再度読み返しました。

読み返した本は、FXの稼ぎ方、成功者達の流儀、銀です。(金と銅も出版されています)

この本は、FXで稼ぐことが出来た人の、手法やトレードスタイル(長期保有でトレードするのか?デイトレードみたいな短期トレードなのか?)、考え方、チャートをチェックする回数などが、割と細かく紹介されています。

私なりに吸収した点について、簡単に紹介します。

 

 

FXの稼ぎ方 銀 成功者達の流儀を読んだ後の大事な点

本に紹介されている人達

皆利益を上げている人たちばかりです。

年間400万円~1000万円、それ以上の方の、それぞれのトレードスタイル、手法などが紹介されています。

そして皆に共通しているのが、一度は悲惨な目にあったこと。リーマンショックだったり、色々な相場の悲劇を経験した後、再度チャレンジした人ばかりが紹介されています。

そして皆に共通する事があったので、下記に項目別に紹介します

メンタル面

長期保有の方も、短期保有の方も、殆どの方が相場に振り回されないトレードをしていました。

チャートを見ないといられないという場合は確認するけど、それ以外は決めた時間にだけ見るようにする(平均すると、スイングで1日3回ぐらいが多かった)

といった回答が多かったです。

簡単に言うと、相場に振り回されない。一喜一憂しない。ドキドキしないというスタイルです。

何故そんなスタイルでいられるのか?それは相場のエントリーポイントと、エグジットのポイントが予め決められており、そのルールに従って機械的にトレードしているだけだからです。

本に紹介されている人は殆どがそんな方ばかりでした。

自分の生活が第一優先。相場は4の次、5の次ぐらい。

非常に冷静な方が多いのが特徴的でした。

使っているテクニカル

殆どの方が、2種類のテクニカルを利用していました。

1種類だと騙しが出るので、2種類を使うそうです。

(3種類は分からなくなるので、殆どが2種類でした)

スイングでもデイトレでも、もっとも多かった回答だと思うし、これは使えるのでは無いかと思ったのが、

ボリンジャバンドと一目均衡表を2種類表示させる手法。

ボリンジャーはプラマイ2σの所をタッチしてからの反転がシグナル。一目均衡表の雲は抵抗を表すので、それを見ながらエントリーという手法。

使う足は、基本が日足、どんなに短くても1時間というのが多かったです(デイトレードは例外として)

因みに3月26日時点、DMMFXの主だった通貨ペアの日足チャートを見てみましたが、このサインが出ている通貨ペアは無かったように見えました。

理論上は有効なのかもしれないけど、このようになるのは、割と条件が重ならないと厳しいのかという気もします。

ただ、理論的な面で納得できる手法です。

それ以外は、上段にはテクニカル指標を表示、下段にはオシレーダーのRSIなどを表示し、どちらも同じ方向でのサインが出ていた場合のみトレードするという方が多かったです。

エントリーとエグジット

エントリーは上記のテクニカルで。エグジットに関しては、利益確定は、ボリンジャーのプラスマイナス2σをタッチした際。

損切に関しても、エントリーしたものの、再度ボリンジャーの2σを抜けた時に行うという人が割と多かったように見えました。

ただ、この点は本当に割りとという程度です。

但し皆、決めたポイントがあり、その場所で躊躇無く、利益確定、損切をしている方達ばかりでした。

この本のシリーズを読んだ感想

自分はこのシリーズは、銅は読んだ記憶があります。

確か稼いでいる金額が、銅と、銀とでは異なった(銅のほうが少ない)気がします。

金は立ち読み程度に読みましたが、結局購入はしませんでした。

勝っている人の実践手法がそのまま紹介されているだけあって、その手法通りにトレードすれば儲かると考えがちですが、必ずしもそうはならないのが相場。

結論から言うと、その手法が使える状況にあるのかを見極める必要があると個人的には思います。

そして肝心のその部分が書かれていないのが殆ど(書きたくてもボリュームがありすぎて書けないのだと思いますが)

なので、利用はあくまで自己責任。過度の期待は禁物です。

かなり辛口な意見と思われるかもしれませんが、その程度で活用していくのが良いのかと、個人的には思います。

尚、ここからはあくまで個人的に好きな手法をおまけで紹介します。同じような手法をご存知の方がおりましたら、教えてください

管理人が好きなトレード手法

私が好きなトレード手法は、例えばドル円なら、はじまり値から、必ず上下に10pip以上動くという手法。(各通貨により、上下幅は異なる)

仮にFXの開始時のレートで、ドル円が105円の時、その日は、105.1もタッチするし、104.9もタッチするという意味です。

負けていた時によく使って、かなりの負け額をたたき出した手法です。それ故、今は全く信用しておらず、全然使わなくなりました。

トレンドが発生している時に使うと、かなり悲惨な思いをします。

でも、確率的に、統計的に、大衆心理的にはありそうな気が未だにしてしまう手法です。

 

何かこのような手法、類似の手法をご存知の方がおられましたら、教えてください。

 

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございます
又のご訪問を心よりお待ちしております

ブログランキングに参加しています
やる気がでますので、よろしかったらクリックをお願いします


にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ
にほんブログ村

無職 ブログランキングへ

-無職がFX
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

先週の為替と来週の相場展望

先週の為替ですが、主要4通貨について、先々週の値動きと比較してみると、円高になったのはドル円のみ。その差17銭となりました。 以外のユーロドル、ポンド、オージーは円安で引けています。 先週も全体の値動 …

先週のFXと来週の相場展望

先週のFXですが、先々週の値動きと比較すると、下落はドル円の-24pipのみ。 以外はポンドが350pipの上昇、ユーロが50pipの上昇、オージーは変化なしで終えました。 この週は特にポンドの上昇が …

先週のFXで勝つためのポイント

先週のFXですが、どうすれば勝てたのか?(負けにくいトレードになったのか?)について、自分なりの見解を紹介します。 因みにこの手法が今週も通用する保証は一切ありませんが、一応今朝のニュースで中国の劉副 …

FXの手法と有効性

こんにちは、金丸です   FXについて、本を検索してみると、「私が1年で○○百万稼いだ手法を公開します」とか、「常勝しているFX手法」等の表題の本を目にします。 負けてばっかりだった時の自分 …

来週の相場展望

FXですが、コロナに加え、金融緩和、株価、原油、イールドカーブ(YCC)が絡み合い、中々難しい値動きであると思います。 そんな中先週はアメリカのイールドカーブの件で、FOMCがそれをコントロールできる …

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

カテゴリー



PVアクセスランキング にほんブログ村

フィードメーター

  • SEOブログパーツ